引き受け人間学流「人生を達観するためのコツ」

あるがままに観るために

  1. 前を良く見て生きる(自分の目)
  2. 後から良く見て生きる(他人の目)
  3. 上から良く見て生きる(天の目)

    (天の目とは、先祖、先輩、宇宙の目を含みます)

以上の三つの目で人生を主観的に、そして客観的にも生きることが出来ます。